「商品を大切にするって、大切だ」ぐい呑みを注文して届いたのは「ぐい呑み」ではなかった。。

投稿者 : 眞喜屋実行 on

楽しみにしていた「ぐい呑み」が届きました。早速それでお酒を頂いたら、すごく味わい深くって、ふだんお酒を吞むときよりも「いっそう堪能」しようとしている自分に気づきました。そして、これはボクらの商売にも通じることだと感じました。

こんにちは!豊はし最強肉汁餃子 専門ショップ「肉じる屋」店主のまきやです。日経MJという新聞で金工作家「宮田琴」さんのことを知り、ホームページを覗いたら「この方が作ったぐい呑みで、お酒を吞んでみたい」と衝動にかられ、そのまま注文をさせてもらいました。銅板を加工して作られたぐい呑みです。

昨晩は、店主とっておきの日本酒を頂きました。日本酒自体の味はもちろん知っています。でも、過ごした時間の価値は違いました。

ぐい呑みに触れると少しひんやり。持つとズシッとした重みがあります。

「あの作家さんが、このぐい呑みを作ってくれたんだなぁ」「銅を打って加工して、一つ一つ作ってくれてるんだよなぁ」ってホームページの映像を思い出す。それが価値を高めてくれます。

ハートの先の方に口をつけて飲むと、ススッと日本酒が入ってくる。ハートの丸みを帯びた部分にから飲むと、口全体にふわっと日本酒が入ってくる。舌に触れる部分が変わるから、口の中の味わいも少し変わる。1つのぐい呑みだけど、口をつける場所で違う味わいが楽しめるんだ。これも楽しい。

お店や自宅でお酒を楽しむときは、お酒やおつまみが主役になることが多いです。でも、こうした器を楽しむ時間って価値が無限に高まるように感じました。お酒や料理ってどうしても「原価」があるものだし価格の限界値もそうそう高まりません。ぐい吞みなどの酒器自体の楽しみや、作家さんの想いを堪能する時間、さらに別の価値を楽しんでもらうことで、価値は高まると思うんです(自分の商売に活かすための気づきです)。

そして、今回のぐい呑みで特に感じたのは「大切に扱うことの大切さ」です。作家の宮田琴さんから届いたのは「ぐい呑みという商品」だけではありませんでした。

ダンボールを開けたら、こんな風に包まれていました(かわいい)。

箱にはシールも貼られている。世界観が統一されていてかわいい。

ぐい呑みの下にも、かわいい緩衝材が。ここまで統一されています。

注文をしたのは「ぐい呑み」なんですが、届いたのは「作家の宮田琴さんが作ってくれた作品と大切にする想い」でした。こんな風に大切にされたものは、受け取った方も大切にしたくなります。

利用するときも、ふだんと比べても「いっそう堪能」したくなってしまいます。作り手や商人が大切に扱っているものは、お客さまも大切に扱ってくれやすい

ぐい呑みに限ったことでなく、ボクら商人にも言えること。当店は職人さんが大切にこしらえた「最強肉汁餃子」をお客さまにお届けしています。大切にしている気もちを、きちんとお届けできるように表現していきたい。宮田琴さんのぐい呑みを通じて勉強致しました。

ステキなぐい呑み。大切にします。

▶宮田琴さんHP(めっちゃステキです) https://koto-miyata-tankin.com/

 

読んで頂きありがとうございました!

今日もステキな肉汁日和になりますように^^

 

肉じる屋 店主 まきやより

 

※最強肉汁餃子は【受付期間が限定】されておりますので、もしご期待下さった方は【肉じるレター】に登録すると便利です(ご注文受付日程を、いち早くご案内いたします)。

 ▼肉じる10連発してしまいました(*´ω`*)

#餃子 #通販 #オンラインショップ #お取り寄せ #最強肉汁餃子 #宮田琴 #金工作家 #ぐい呑み #日本酒

0件のコメント

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。